ゲーム内でヒントを与えることの是非を真剣に考える

ヒントはいらないって?
気が強いのか、35ドルがおしいのか。今どき珍しい若者だ。
でも、おじさんも商売だから、
きみみたいな人ばっかりだと生活できないんだよ、ぼうや。
いいかい。
おじさんのようなヒントマンが、
わざわざ町に配置されている意味を考えてみたまえ。

きみも人間だ。おじさんも人間だ。そしてプレイヤーも人間なんだ。
人間であるからには、わからないこともある。
自分の進路に迷うこともある。
何をしたらいいか、わからなくなることもあるんだよ。
そんなとき、まだやってないことを探して同じ場所をぐるぐる回ったり、
壁という壁をひとつひとつ爆破していったり、
すべてのマップで笛を吹いてみたり、
すべての木を燃やしてみたり、
そんなことをしていたら、ストレスがたまるだろう?
だから、そうなる前におじさんに話しかけてほしいんだ。
それが、少しでも楽しくゲームをプレイしてほしいという、
製作者の心配りなのさ。
わかるかね?

そうだね、ではひとつたとえ話をしよう。
この記事を書いている「かげろう」という人物がいる。
彼は小学生の時、「マザー2」というゲームをやっていた。
ああ、そうさ。きみもよく知っているゲームだ。
もし知らないなら、多少のネタバレは覚悟しておくことだ。いいね?
プレイヤーは、まず最初にゲームセンターにたむろする
「シャーク団」と戦うことになるんだがね。
そこで「チビ!仲間になりてぇのか?」という問いに、
「はい」と答えると・・・
なんと!
「マザー2を終わらせてからきな!」
と言われてしまうんだ!
マザー2を終わらせてからきな
当時小学生の「かげろう」は、その言葉を信じた。
マザー2を終わらせるべく、オネットの町を奔走した。
しかし、シャーク団を倒さなければゲームは進まない。
とうぜんマザー2は終わらない。
彼がそのことに気付いたのは、数週間経ってからだった。

お次は、ゲーム中盤で戦うことになるゲップーというボスの話だ。
このボスには「はえみつ」というアイテムが有効だ。
「はえみつ」を使えばゲップーは行動不能になり、たやすく倒せる。
しかしそのことに気付かなければ、ゲップーはかなり手強いボスとなる。
はえみつ
当時小学生の「かげろう」は、レベルをあげてゲップーを倒そうとした。
レベル40を越えた時、ようやく「はえみつ」の使い方に気付いたんだ。
後に仲間になるプーのレベルと20も差がついたのは言うまでもない。

とどめは、ラスボスのギーグの倒し方だ。
ただ攻撃しているだけでは、いつまでたってもギーグは倒せない。
いのる
「いのる」ことがギーグを倒す条件なのだが、
例によって当時小学生の「かげろう」は、2時間ずっと攻撃を続けた。
昼ごはんの時間になって、彼はクリアをあきらめた。
彼がギーグの倒し方を知ったのは、実に5年後のことだった。

え?もう「かげろう」の話はたくさんだって?
そいつは悪かった。どうやら長話がすぎたようだ。
しかし、おじさんの言いたいことは理解していただけたと思う。
・・・きみは、ひょっとしたらこう思っているかもしれない。
「ネットで調べればすぐにわかることだ」と。
きみのようなぼうやにはわからないかもしれないが・・・
ネットなんかなかったのだよ、当時は。
これだから現代っ子は困る。
ブツブツ・・・

なるほど、当時のゲームにヒントが必要、それはわかった。
でもきみはこう思っているね?
「ネットが発達した現代なら、ゲーム内でヒントは必要ない」と。
たしかに最近は、公式サイトの情報を見ることが前提のゲームもあるね。
しかし!
ほんとうに、それでよいのかね?
ネットで調べてしまったら、負けたような気がしないかね?
ゲームの中の謎は、ゲーム内で解決されるべき。
そうは思わないかね?

・・・思わないのか。
ならば、仕方あるまい。
たしかに、ゲーム内のヒントだろうが、ネットで調べた情報だろうが、
ヒントをみてしまったことに変わりはないのだ。
しかし、ネットには情報があふれている。
間違った情報もあるし、ネタバレをみてしまうかもしれない。
たしかに、公式サイトに情報を載せるという手もある。
だが、それならばゲーム内で情報が得られるようになっていたほうが、
しんせつではないかね?
まあつまり、何がいいたかったかというと・・・


たった35ドルですばらしいヒントをあげよう。ヒントが欲しいだろう?


-------------------------------------------------

どうも、かげろうです。
なんで急にマザー2のヒント屋の語りを始めたのか自分でもわかりませんが、まあとにかく僕はヒントはゲーム内で与える派なので、今までもこれからも過剰なヒント屋をゲーム内に用意しますよ、と。

というわけで、次回作のヒント屋↓

あいさつだけ

「あいさつだけ」ってなんかのゲームにあった選択肢だと思うんだが
元ネタなんだっけ?

もういい

難易度もここで変えられる。
そして相変わらず存在する無駄な雑談。

お前を消す方法

このネタがやりたかったがためのイルカ・・・ではない。


というわけで、
相変わらず考察に見せかけて次回作の宣伝をするかげろうでした。


※使用したマザー2の画像はすべて下記動画から取ったものです。
「マザー2をのんびりプレイ」http://www.nicovideo.jp/mylist/25195217
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「何がお知りになりたいですか?」で「お前を消す方法」って、何かデジャブを感じたら、Excelとかに出てくるヘルプ機能のイルカさんを思い出した。

いやそもそも、こいつはイルカなのかクジラなのか、はたまた未確認生命体であるのかよく分からないが・・・

No title

というかまさしくそのExcelとかに出てくるヘルプ機能のイルカのネタですよ?「お前を消す方法」で画像検索したらうじゃうじゃ出ます。
ちなみに名前は「カイル」です。名前から考えてもイルカだと思いますね。まあイルカとクジラは同じ生き物らしいですが。

ちなみに僕のお気に入りは冴子先生です。
Index

ブログ趣旨
メンバー紹介
制作ゲーム紹介
RGSS2講座

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR