我はにんじんなり

妖刀伝の実況を新たに発見。

フリーゲーム妖刀伝やってみた ゲーム実況 その1
https://www.youtube.com/watch?v=UGpOIfTW8Ro

編集が凝ってるが、あんまり続きそうな予感がしない。


【実況】刀の錆にしてくれよう【part1】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm29111250

こっちは続きそうな予感がする。
この実況により瓦版じいの防御力が異様に高いことが判明したが、まあ隠し的な感じでそれもありか。
あと投稿日が昨日なのにバージョンが2.08だったので思わず最新2.13ですよとコメントしてしまったじゃないか。
今思えば録画したのがだいぶ前なのかもしれないな。


あとふりーむに「白ワンコ 」という方がももと妖刀伝ダブルでレビューしてくださって有難い。
妖刀伝のDL数は9千を突破したところで失速し始めた。
あ、憧れの1万は・・・

ちなみにももはまだ2千にも満たないという。
差がつくもんだな。


さて、それではお待たせしました、マザー1プレイ日記第二弾。
行くぜ!


・前回までのあらすじ

町で起こっていた事件をいくつか解決したまあぼう。
隣町に乗り込もうとしたら間違ってマジカントに乗り込んでしまった!
どうするまあぼう!


というわけで曽祖父の日記を持った状態で岩にテレパシーしたらいきなりマジカントに来てしまったわけですけどね。
まずマザー2を先にやっている僕としては第一声が

マジカントはやっ

第二声が

全裸じゃないのん

ろくな感想がでてこないところでさっさと脱出してしまいましょう。


ここの住人はだいたいスナフキンみたいな恰好をしているが、ときどきそうでもない普通の人や泳ぐ猫とかいる。
パパのものまねをしてセーブしてくれる人や妹の代わりに荷物を預かってくれる人がいる。
回復所が無駄にみっつもあるのにATMがない。
右上でとても有用そうな防具を売っているのにATMがない。
(かなり左上に行ったところにATMおじいさんがいることが後に発覚)

仕方ないので防具はあきらめてクイーンマリーの城に行く。

マリー
「ようこそ、まあぼう。
このマジカント国では、みんなが友達になれるし、
欲しいものはすきなだけ得られるのよ。」


じゃあ城の一番左端の部屋の宝箱が全部とれないのはなんでですかね

マリー
「えっ、私の歌が聞きたいの?」

言ってねえよ



さて、クイーンとの面会も済んだので、そのへんのセンスのいいセリフを貼っていく。

しあわせについててつがくしてるおとこ
「幸せは歩いてこない。だども不幸せも歩いちゃこねえよなぁ」
→ いいえ
「そうか。不幸せは歩くか…知らなんだ」


あわなきゃわかれもないっていうかんがえのおとこ
「幸せについて哲学してるやつに会ったか?」
→ いいえ
「会わなきゃ別れもないわけだ」


あわなきゃわかれもないっていうかんがえのおとこ
「会わなきゃ別れもないっていう考えの男に会ったか?」
→いいえ
「会ったほうがためになるぞ」



こういうの好きやわ


さて、あとはマジカントから脱出するだけだがもういけるとこにはすべて行った。
次にどこに行けばいいんだ?

さまよって数十分。
歩ける
【実況】MOTHER エンディングまで、泣くんじゃない Part.5 より

こんなん気づくか

なんなんだこのピンク色の地面は


さて、ピンク色の地面の先には歌わないサルがいました。

歌わないサル
「オレは歌わないサルだ。
でも、普通のサルってのは歌わないもんだ。
質問はあるか?」
→いいえ
「良かった。つっこんだ質問をされたら
どうしようかと思ってたんだ。
それにしても、お前クイーンマリーに
顔が似てるよな。どうしてだろ」



クイーンマリー曾祖母説浮上。

今更だがオープニングの文章を貼っておこう。

1900年代のはじめ
アメリカのいなか町に黒雲のような影がおち
一組の夫婦が行方不明になりました。
夫の名はジョージ。妻の名はマリア。
2年ほどしてジョージは家に戻りましたが
どこにいっていたのか 何をしていたのかについて
誰に話すこともなく 不思議な研究に没頭するようになりました。
妻のマリアはとうとう帰ってはきませんでした。

 
もうマリア=クイーンマリー=曾祖母確定じゃね?

顔が似てるとか言われなければ特に何も考えてなかったのに・・・
ミスリードだったらすごいけどな。


余談だが、さるの近くにギターの人がいる。

ギターの人
「すっごく強くなったらオレに会いにこい。
それとこの事は絶対に忘れないようにメモなんかしとくといいぞ」


この人、そんなに強くなってなくても後に来た時にメロディーのヒントをくれる。重要なのは、このヒントがFC版とGBA版で微妙に内容が違うということ。
これ以上調べるとネタバレになりそうなので調べないが、メロディーのヒントがわざわざ違うということはゲーム展開も違うのかね?
FC版ではイヴとやらは山に登らないのかね?
クリアしたら調べるとしよう。

あと、どうやら左上のおじいさんからATMができるのもGBA版だけらしい。結構改変されてるじゃないか・・・


さて、今度は右側のピンク色の地面の先に行く。

フライングマン
「私はフライングマン。あなたの力になる。そのために生まれてきた」

フライングマンキター!!


マザー2ではネスの心の中的なポジションだったマジカントだが、マザー1ではどうも独立した国のような印象を受ける。
それだけにフライングマンは初対面で献身的過ぎて怖い。

ちなみにマザー2ではほとんど一発で戦闘地帯を乗り切れるため、フライングマンを死なせまくって

「だれかのはか」

みたいになることは意図的にやらないとまずないが、マザー1ではわりと容赦ない雑魚の攻撃で死にまくっていつのまにかフライングマンがいませんでしたみたいなことになりかねないので注意。

例えば「だいウッドー」とかいるじゃないですか。
自爆するじゃないですか。知ってた。
でもあれはHPがドラムロール式だから許される自爆であって、マザー1はドラムロールじゃないから死ぬじゃないですか。
製作者頭大丈夫か?

よし、だいウッドーが出てきたら逃げることにしよう・・・

ベアル

なんでこいつ1体なのにこんな左にいんの?

と思ったら予想通り仲間を呼びやがった。
右側に「スカイベアル」が登場。

最後の一撃
【実況】MOTHER エンディングまで、泣くんじゃない Part.5 より

製作者頭大丈夫か?

フライングマン残り一人なんだが大丈夫か?


そんな出会ったら即逃げパターンの敵は一人でいいよ・・・
(ちなみにじげんスリップはまだ覚えていない)




さて、右に進んでいくと、やたらたくさん穴が開いている場所に出た。
適当に進んでいたらほぼ一発で正解の穴を引き当ててしまったので、
不安になって他の穴も全部調べてみましたが別に何もなかったです。

先に進み、とりあえず「ぬし」を倒して「めのうのつりばり」をゲット。
そして「アシガルソード」を拾う。

・・・足軽ソード?
全然強そうじゃないしまあぼうは装備できないので帰ったら速攻で妹に預けることうけあい。

そして出口を発見したが、誰かいて通れない。

わすれられたおとこ
「オレは忘れられた男。いないのも同然。
気づいてくれなくてもよかったのに…
オレのことなんか無視していいんだ」
「オレはどこにもいない男。
やさしい言葉なんてかけてくれたら困っちゃうぜ。
人恋しくなったら生きていけない」
「オレの言葉はいつもひとり言。
生まれた時から今日までずっと一人でいた男」
「運がいいとか悪いとか、そんな事オレには関係ないね。
息をするのに精一杯さ」
「なぜそんなにしつこくオレに話しかけるんだ。
お前も忘れられた男なのか?」
→ いいえ
「そうさ、そうだよな。
そうなんだ。
お前もはやくオレの事を無視しろよ」
→はい
「そうだ、ありがとうよ」


この手順で選択肢を選ばないと男が邪魔で脱出することができない。
正直、このイベント今までで一番好きです。



さて、ようやくマジカントから脱出することができた。
脱出した先は「サンクスギビング」。隣町である。
苦労して迂回してきたのに通行止めが解消されているあるある。

ここには学校らしきものがあった。

ぼくっこ
「ぼく、さかあがりができないのよ」

くりさがり
「わたしはひきざんのくりさがりがまだよくわからない」

引き算の繰り下がりって難しいですよねわかる


ただのおじさんのむすめ
「オレをただのおじさんだと思うなよ。
ってうちのパパの口ぐせなの」


こういう一瞬おじさんかよってつっこみたくなるセリフもいいよね。

こうはい
「にんじんって将来はコンピュータ関係の仕事につくんじゃないかな」

お、にんじんがいるんじゃないかと思ったらやっぱりいるようだ。
なぜヒロインより先ににんじんが出てくることが予見できたのかはわからんが。

コンピュータ関係の仕事につくと思われてる子供ってなんかいいよね。
僕も中学の時そんな子供だと思われていたよ。

せんぱい
「よわむしにんじんのやつをいじめてたんだけどにげられちまった」

こうはい
「よわむしにんじんのやつをいじめてたんですよね。せんぱい」

↑なんかこいつ好き。

どうやらにんじんは屋上に逃げ込んだようだ。
屋上には大きな錠前がかかっているので、管理用務員さんに頼んで開けてもらう。

ちょっとまて。
にんじん屋上にとじこめられてるやないか。


にんじん
「きみは誰だ!僕はここから出ないぞ。
出たらきっといじめられるんだから」
「僕が大事な友達だって!?
じゃあ、理科室から爆薬を持ち出したことを黙っててくれるか?」
→はい
「いま でる」


↑この「いま でる」がなんか好き。
どうでもいいが、爆薬持ち出す奴は弱虫じゃないよな。たぶん。

ロイド
「ぼく、にんじん。
スイートリトル工場でつくってたっていう
ペンシルロケットをとばしてみたくてさ」


・・・で?

ロイド
「ぼく、にんじん。
スイートリトル工場でつくってたっていう
ペンシルロケットをとばしてみたくてさ」


仲間にならないのかよ!!

またどうすればいいのかわからなくなったが、とりあえずスイートリトル工場とやらに行ってみるとするか。
その前に町中を探索する。

ストリップ
「この町にダンカンがストリップ劇場をつくろうとしているの。私は大反対」

このストリップ劇場、GBA版では「れいのみせ」に変更されている。
時代を感じなくもないが、れいのみせのほうがマザーっぽいと僕は思う。

ちなみにスイートリトル工場の所有者もダンカンのようである。

ただのおじさん
「オレをただのおじさんと思うなよ。
実際そうなんだけど」


お前か


グッズ屋に行くと、「いいバット」と「ブーメラン」を売っていた。
たぶんゲーマーなら、ブーメランは威力はやや落ちるけど全体攻撃になるのかな?と予想すると思うが、実際ブーメランの方がちょっと攻撃力が高いだけだった。

いいバット買うやついるのか?

せっかくなのでATM(正しくはキャッシュディスペンサー)でお金をおろし、めのうのつりばりでマジカントに戻って最強装備一式をそろえていざスイートリトル工場へ。


町はずれで「デストラック」とエンカウント。

デストラックは排気ガスをまきちらした!
まあぼうは、ぜんそくのほっさがでた!!
まあぼうはせきこんでいる!!


せきこんだままなにもできずにボコボコにされて死んだ。

大丈夫かこのゲーム。




さて、次回は

・ゆがみはかせのクローン工場
・あれは ぼうし だったのだよ

の2本立てでお送りします。
かげろうでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR