悪魔城ドラキュラ奪われた刻印プレイ日記1

どうも、かげろうです。

先日、ふりーむゲームコンテストの景品である
「お好きなゲームソフト1本」が届きました。
(なぜか一緒に、割と反応に困るものも入ってましたが)

ちなみに新品1万円以内という制限だったのですが、
中古指定もできるようで、
新品が1万円以上するけど中古でいいから欲しい!
というケースもOKです。

さて、新品が1万円以上もする何を注文したかというと、
あ、もうおわかりですね、タイトルに書いてありますね。

「悪魔城ドラキュラ奪われた刻印」

知る人ぞ知る、DSの名作です。
現在ではプレミア価格がついていて、新品なら1万円以上、
送られてきた領収書には7882円と書いてあります。

中古で7882円。


まあそれはおいといて、とりあえず起動してみる。

空のファイルを選んで、主人公をシャノアにする。
なんか主人公が選択できることがすでに
クリア特典のような気がプンプンする。
中古ですから。

難易度はハードにしたら、MAXレベルを選択できた。
MAXレベル1とかいうどう見ても僕向けのモードがありましたが、
そもそもハード自体クリア特典だったらまずいと思い直し、
ひとつ戻ってノーマルを選択。

ゲーム開始。
兄弟子であるアルバスを置いて、さっそうと師のもとへ急ぐシャノア。
ジャンプをしくじってさっそうと落下。
なんだ、なんでそんな高いところに部屋があるんだ。

シャノアが何度も落下している間、優しく見守るアルバス。
絶対そんなゲームじゃないよ、これ。

うーん、はやくドゥエドゥエできるようになりたい。


ちなみに、シャノアの声は桑島法子(くわしまほうこ)さんです。
くわしまほうこさんです。

くわしまのりこじゃなかったのか


どうでもええわ。


しかしこのシャノア、なんかかっこいいぞ。
カニっぽいボスを最上階まで誘導し、
エレベーターを落下させてカニを一気に押しつぶすときのセリフ
「地獄に堕ちろ」


惚れるわ
(エレベーター落下に気付かず10分くらい横からチクチク刺してたのは秘密)


しかし、シャノアの一番の萌えポイントは
普段着が売れないことだと思います。

ナンノハナシダ



さて、話は変わりますが、現在CGPの現役メンバーたちと、
この悪魔城ドラキュラをきっかけに発案されたアクションゲームを作っています。(卒業生が何やってんだなんて言わない)

しばらくツクールで制作している
ゼルダ風ARPGやら某リメイクやらが
滞るかもしれませんがご了承ください。


それでは次回のシャノアの活躍に期待しましょう。(?)
さようなら!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR