近況報告~9.25~

まずは、とブログを立ち上げてはや1ヶ月。
メンバー一同思い思いの時間を過ごしていることかと思います。

好きな音楽制作ユニットのホームページおよびブログを見て、
「あ、俺も更新しなきゃ」と馳せ参じた次第。

少しずつではありますが、ゲーム作りが進んでいる実感があります。
(続く)


【9月のろぜんげ】
現在制作中のゲームのBGMを1つ作りました。
DAWをMusicMaker2からCubase7にグレードアップ!!
作曲が今までよりとても楽しいものになりました。
(注・DAWとは作曲に用いるソフトウェアの総称です)

~作曲してみたいと思う皆さんへ~
作曲自体は難しくないとぼくは常々思っています。
“いい曲”ができるかどうかはまったく別の話ですが。

「Cubaseのインターフェースは扱いづらい」。
昔からこの言葉をよく耳にします。
プロも使うDAWなので、それも当然かも、とぼくは思っていました。
しかし使ってみると、あまりそんなことはないような気がします。
原理はカンタンで使いやすいし、音の種類も豊富です。
(最新版だからかな?)

でもDTMをマッタク知らない人からすれば、
どこから触ったらいいかわからないかもしれません。
DTMの解説書を見ると専門用語が多く、
読み進めるのがイヤになってきます。
(未だにわからない用語がたくさんあり、
 ぼくも苦労しているところです)

MusicMaker2は廉価で、
何も知らない初心者に適したDAWだったと思っています。
ある程度の基礎を低価格DAWやフリーソフトで勉強したあとに
Cubaseなど導入するとスムーズに移行でき、しかもその機能の
多さに感動すら覚えることでしょう。

細かい機能や使い方を覚えるならこの1冊!
《MASTER OF CUBASE》
MASTER OF Cubase7MASTER OF Cubase7
(2013/08/12)
大津 真

商品詳細を見る


Cubase7の機能について体系的に網羅してあります。
非常に見やすく、理解しやすく、使いやすい本であると思います。
これで3,000円台というのはお得に感じるほどです。

Cubaseに移行するにあたって、実はもう1冊本を買っています。
Cubase7実践音楽制作ガイドCubase7実践音楽制作ガイド
(2013/05/24)
目黒 真二

商品詳細を見る

こっちはわかりづらかった。
ダイアログ形式で生徒の疑問に答える……
そんな書き方がされているのですが、
そのやりとりがなんかムカツク
ただ、イチから作曲を学びたい!
という人には、もしかしたらオススメかも。
理論より感覚で掴める本だと思います。
どちらを使うかはお好みで。

……という感じで現在はCubase7に移行し、
練習がてら昔の曲をリメイク中。ゲーム制作は、
あとは音楽が揃えば……! という感じです。
なんと、CGPで製作した「空のゆりかご」の音楽担当が参戦決定!
ろぜんげサウンドとはまったく異なるアプローチの音楽が楽しめる
かと思いますので、どうぞ続報をお待ちください!!


戦姫絶唱シンフォギアG」が面白い。
展開がアツい。BGMや歌がいちいちツボ。
Elements Gardenのような曲を作りたい……
そんな見果てぬ夢を抱きながらPCに向かっています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Index

ブログ趣旨
メンバー紹介
制作ゲーム紹介
RGSS2講座

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR