第10回ふりーむゲームコンテスト(僕は参加してない)

第10回ふりーむゲームコンテストの結果が発表されましたね。
参加してないかげろうです。


以前ゲーム紹介をしたときに僕はひとつ預言をしました。

れんたかさんの「seetate」か「バグのセカイ」のどちらかがなにかしら賞を取る

結果、「バグのセカイ」がホラー部門銀賞でした。
一応預言は当たったのである。僕はseetateの方を押してたんだけども。

しかし、このコンテスト、部門が増えすぎじゃないだろうか。

長編RPG部門
短編RPG部門
アクションゲーム部門
シューティングゲーム部門
アイデア部門
お笑い部門
女性向けゲーム部門
探索アドベンチャー部門
脱出アドベンチャー部門
短編部門
ノベルゲーム部門
アドベンチャーゲーム部門
シミュレーション部門
キャラクター部門
ホラー部門
萌え部門
パズルゲーム部門
フリーシナリオ部門
プログラミング部門
マップデザイン部門
個性派部門
恋愛アドベンチャー部門
ふりーむ賞
審査員特別賞
RPG特別賞
健闘賞
大人気賞

誰がどう見ても増えすぎだろ

探索アドベンチャー部門 と 脱出アドベンチャー部門 と 恋愛アドベンチャー部門 がありながらさらに アドベンチャーゲーム部門 があるってどういうことよ

評価ポイントで分けてるのかゲームジャンルで分けてるのかわからなくなってきてないか。

他にもまとめられそうな部門が結構ある。
せめて10~15部門+特別賞くらいに絞ってもらいたい。
もしくはいっそ部門賞を全部なくして特別賞を増やすか・・・



そんな話がしたかったんじゃないわ。

実は、今回入賞した中で、僕がプレイ済みだったゲームがもうひとつあるのです。
それは・・・



エス岡(ユズハ)さんの「聖剣なんて押し付けないで!」です。

どうでもいいけど「エスオカユズハ」さんなのか、「エス岡」と書いて「ユズハ」と読むのか、「エスオカカッコユズハカッコトジル」さんなのか、そんなことはどうでもいいですね。

前回のゲーム紹介より後にプレイしたため紹介しそびれていましたが、ちゃんとこの作品にも1票入れました。
(入賞することはわかっていたぜアピール)

せっかくなんで内容を紹介します。
seiken1.jpg
主人公のメリーはいきなり聖剣を渡されて勇者にされます。

seiken2.jpg
最初から聖剣を持っているため、攻撃力だけすごいです。

seiken3.jpg
腹黒なイケメンに騙されて乗せられます。
(いや腹黒かどうかは知らんけど)


ゲーム内容はフリーシナリオですが、そんなにイベントがたくさん用意されているわけでもなく、数時間程度でクリアできてしまいます。
ただ、エンディングが結構多いので、全エンド回収しようと思ったら・・・それでも10時間もかからないでしょう。

フリーシナリオは、だいたい途中から敵の強さのバランスがおかしくなってしまうのが世の常ですが、この作品はそもそも聖剣によって序盤からバランスが崩壊しているので、そんなことは気になりません。

敵も平気で1000越えのダメージをたたき出してくるのでやられる前にやれ。
というゲーム性かと思いきやそうでもありません。
むしろ敏捷性をあげまくって敵から逃げまくって良質な装備を回収し、鉄壁の防御で完封するゲームです。(たぶん)

まあフリーシナリオなので実際どう行動しようがプレイヤーの自由です。
いきなり地獄に赴いて瞬殺されるもよし、
いきなり地獄に赴いて装備だけパクって帰るもよし、
いきなり最初の町で聖剣を売ってもよし、
いきなり最初の町で変な宗教に入団して生贄にされるもよしです。

ちなみに聖剣を売っても意外と困りません。
(聖剣以上の武器が結構存在する)
むしろ売らないと見られないイベントもあります。

seiken4.jpg
メイドエンド

seiken5.jpg
ムキムキエンド(※最もポピュラーなエンディングです)


開始15分で魔王を倒さないとみられないエンディングや、
魔王なんか全然関係ないエンディングもあります。

ちなみに仲間はいません。
メリーは最後まで一人です。

個人的にはロイとかファニーさんは仲間になってほしかった
腹黒イケメンは最後まで仲間になりません


ちょっと破天荒なフリーシナリオを求めている人にオススメ。


かげろうでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR