緑>黄>赤>青

ハッピーハロウィーン

めっちゃ頑張った。


GOOGLE先生が今日はハロウィン記念にゲームになっていたのでプレイ。500点が満点ですが、クソ難しいです。

この後の結果画面はたぶん世界のプレイヤーの合算だと思いますが、
僕がプレイした時点では黄>赤>緑>青

黄色が人気なのはまあわかりますが、
緑が赤に負けてるの納得いかない

緑ええやん。緑。





どうでもええわ。




さて、とうとうあの「Dear-From」が!!
「Dear-From」が!!11/1の学園祭で発売されますよ!!

http://cgpblog.blog29.fc2.com/blog-entry-276.html

「Dear-From」を先行してデバッグした僕が
販売に先駆けて宣伝するよ!!



1.ストーリー

一本道のストーリー重視RPGです。

が、決してスケールは壮大ではありません。
プレイ時間は6~9時間程度、さっくり遊べるボリュームです。

広大な世界を冒険したり町を巡ったりする話ではありません。
アリス的な、不思議の世界に迷い込む系の話です。

一部そういった箇所もあるものの、展開の奇抜さや演出であっと言わせるタイプのシナリオではありません。
伏線やその回収はあるものの、広げた風呂敷を見事に回収する壮大で複雑なタイプのシナリオでもありません。

『語る』タイプです。

登場人物が何を感じ、どう思って何を話しているのか。
そのあたりが、すごく丁寧に作られてるのがわかります。
「言葉」なしではこのストーリーは成立せず、魅力もなくなるでしょう。
その点では、RPGというより小説的、と言えるかもしれません。

3章4章あたりの展開はかなり良いです。
ストーリーの組み立て方ではかなわないと思いました。



2.戦闘システム

戦闘システムは、「こもの」を使うという点以外は
よくあるサイドビュー戦闘です。
この点、レベルを上げて強敵に立ち向かっていくと言うよりは、
雑魚を無視してもこものを拾っておけばなんとかなる、
ストーリーを邪魔しないように作られた戦闘と言えます。
そのため、

雑魚敵からは、すべて逃げられます。

全部逃げてもクリア可能なことは僕が証明しました。
ちなみにラスボス撃破時レベル9でした。



3.音楽

BGMのクオリティはヤバイです。

奇抜で印象に残るという意味ではなく、
ストーリーにぴったりはまっているという意味で『良曲』なのです。
もちろん一曲一曲もハイクオリティですが、
特筆すべきはそのアレンジの多さ。
ストーリーを追うごとに同じ曲が曲調を変えたり、ボス戦の一部がメインテーマのアレンジだったり、熱い演出後にキーが変わったり、もうBGMを基調にストーリーが進んでいくと言っても過言ではないくらいです。

僕のゲームの曲も作ってくれ



4.総括

RPGの基本は戦闘だ!!
敵を倒してレベルを上げ、難関を乗り越えていくのがRPGだ!!


とか言う人や、

RPGの基本は冒険だ!!
自分で好きなところに旅して、物語を作っていくのがRPGだ!!


とか言う人には合わない可能性があります。


RPGの基本はストーリーだ!!
誰かと出会い、泣いて笑って悩んで成長して、
困難を乗り越えていく主人公と共に歩むのがRPGだ!!


と言う人にこそ、是非やってほしいと思います。



さあ君も「Dear-From」をやりたくなってきた・・・だろうか。



かげろうでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Index

ブログ趣旨
メンバー紹介
制作ゲーム紹介
RGSS2講座

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR