アドベンチャーとはなんだったのか

5分台。
妖刀伝最速記録

とりあえず最速記録更新。
でもすぐオーエンさんに抜かれそうな気がする。
金策しなくてもりょうに乗り移った方が速かったというオチ。

とりあえず今週のバグ報告は一個だけだったので、更新は見送り。
そろそろ落ち着いてきたかな?

でもツイッターを見る限り、どうも80人斬ったのに79人斬りになるバグはまだ発生している模様。(そりゃ直してないし)
発生した人情報求む!

1/26追記:ツイッターの人は弥太郎をももの兄貴と間違えていただけらしい


ツイッターといえば、
妖刀伝やっぱりすげえ。更新履歴見るだけで面白いゲームなんて初めてだぞ
みたいなツイートを発見した。

たぶん更新履歴見て楽しめるのはアンタだけだと思うぞ


そういえば実況動画をもうひとつ発見。
http://www.nicovideo.jp/mylist/54548586
この人はなかなか実況慣れしている感じです。いいぞ、もっとやれ。


さて、そろそろ妖刀伝の近況だけ報告するブログにも飽き飽きしてきたころだと思いますので、今日はゲームジャンルの話でもしようかと思います。



ゲームジャンルの話ってなんやねん。


それはまあ、アクションとかシューティングとかパズルとか格ゲーとか音ゲーとかRPGとかシミュレーションとかアドベンチャーとかノベルゲームとかそういうやつです。

僕は「もも」にしろ「妖刀伝」にしろ、一応RPGというくくりで公開してるんですよね。
まあRPGツクール使ってるし。
しかし、その二作品はたいがい「アドベンチャーRPG」「ADVの側面が強い」「謎解きADV」とかいう紹介をされてきたわけです。

ADVってなんや?アドベンチャー?冒険?
まあ詳しいことはググってもらうとして、僕はアドベンチャーゲームって「逆転裁判」とか、文章と選択だけで進めるゲームだと思っていましたよ。
十字キーで自キャラを操作するゲームはRPGだと思っていましたよ。

じゃあ逆転検事はどうなのかと聞かれたら知らんがなと言うしかないわけだが。


まあ、何が言いたいかというと、
「もも」と「妖刀伝」はRPGです!

ということが言いたいわけでは決してなくてですね。


ゲームジャンルにとらわれるなんておろかだよね。
ということが言いたいのかもしれない。

あるゲームジャンルだと思ってプレイされると、そうではなかったときに批判されたりするもんだ。
特にRPGなんて、個々人の求めてるものが違いすぎる代表格である。

戦闘してレベル上げて進めるのがRPGだと言う人もいるわけで。
主人公になりきって物語を楽しむのがRPGだと言う人もいて。
勇者が魔王を倒せばRPGだと言う人もたぶんいたりして。
十字キーで自キャラを操作できるのがRPGだと言うのが僕だ。

まあ「もも」なんて「ほのぼの系RPG」なんて銘打っていて
ほのぼのでもRPGでもないわ!とか言われてそうだが、
それはそれで一興だ。

テイルズオブシンフォニアやったけど別に、
君と響き合うRPGではなかったしな。
それは関係ないか。


既存のジャンルに囚われていては、面白いゲームは作れないと思う。
既存のジャンルに当て嵌められないようなゲームが、面白いゲームだと思う。

でも、ゲーム好きって言うとだいたいどのジャンルが好きか聞かれて
「どのジャンルとか一言でくくれないようなゲームが好きです」
って言ったらめんどくさい奴だと思われるので注意したほうがいい。


なんか今日は文章のテンションが変なのでそろそろ寝るとしよう。
来週あたり、次回作の話でもしたいところである。
まあ妖刀伝の感想やバグ報告は随時受け付けてますので遠慮なさらず。

かげろうでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

5分台達成おめでとうございます。
先を越されてしまいましたが、燃えてきました。
のんびりセリフ回収プレイもしながら、挑戦させていただきます。

23日の作者様のコメントにある様に、連射力や運も影響してくるあたりが最終段階っぽいですね。後、連戦での滅多切りの絶妙っぷりは、割と本気で作者様の仕込みを疑ってしまいました。

ゲームジャンルのお話、なかなか興味深いです。
プレイさせていただく側としては、楽しむためにこだわるのはともかく、こだわったせいで楽しめなくなるのはもったいない…程度の考えなのですが、制作される方はいろいろ考えていらっしゃるのですね。

次回作(人魚のアムさんのお話でしょうか?)、楽しみにさせていただきます。

No title

このブログにコメントするのは久々ですな……!

ゲームジャンル……かげろうさんのゲームは「もも」や「妖刀伝」をやる限り、一般的なアドベンチャーに近いRPGって印象ですな。知恵を絞って切り開いていく印象なので。
RPGはロールプレイングゲームなので、そういう意味では凄くRPGらしいゲームだと思ってますw

ジャンルにとらわれずに自由に作りたいものだ……

あ、ちなみに私の妖刀伝はさわりだけやった(最初のキャラで無差別辻斬りして死にまくった)状態です!飲み屋にいる友達にまで圧倒的敗北を喫したぜ……!
辻斬りプレイするにしても順番が重要そうですな。手軽ながらやり込めそうな印象。
ようやく自分の制作が落ち着いたのでこれからじっくり攻略しようと思います。

(私信で恐縮ですが、みゅうたんの感想ありがとうございました!細かいところまで見てくださって、本当に励みになります。今日は時間が無いのでゆっくり返信したいと思いますw)

No title

>オーエンさん
滅多切りはたまたまだったので自分でびっくりしました。そもそもタイムアタックの為にルートを考えたわけでもないですし・・・

考えて作ってる人もいれば、勢いで作ってる人もいるでしょうね。
こだわりで言えば、僕は「その作品を楽しむ為に余計なものは入れない」ところに一番こだわってますね。どこで楽しませるゲームなのかを意識し続けて作ると、逆に特定のジャンルに分類しにくくなるのかもしれません。あ、なんかちょっと深いぞこの話

次回作は人魚のアムさんのお話です。実はもうちょっと作ってあります。


>ほりんさん
僕がパズル好きだから自然とそういう風になるのかもしれませんなあ。くろいおへや面白かった。みゅうたんのエキストラダンジョンで意地でも一筆書きで行こうとしてステージ2で絶望しました。

みゅうたんに関しては、あれから他の方の感想も見たのですが、やはり「金」をもっと主役に据えたシステムにするのがベストだったかもしれませんね。レベルをなくして装備品の数を増やしたり、金でひたすらドーピングするシステムとか。そしてコンシークエンスボーナスの爽快感を考えると一概に無限湧きを否定できない気がしてきました

妖刀伝は結構作り込んであるので(自分で言うか)じっくりプレイしていただきたいです。

コメントありがとうございました!

No title

確かにかげろうさんはパズルがお好きですなw 納得でした。
みゅうたんのくろいおへやで一筆書きは至難過ぎですな……!まあ無理やり移動できるので、それでなんとかかんとか(?)

確かにみゅうたんは結果的に普通のハック&スラッシュRPGになってしまった感はちょっとあるなあというのは反省点ですね。
ボーナスで沢山お金を稼げたり、お金で装備・スキルを整えるのが中心なので、お金中心のシステム……とは思ってますが、もっと思い切ってもよかったかも。(ちなみにクリア後はひたすらお金稼いでドーピングするのが育成の中心ですw)

妖刀伝……せっかくなので、何かとんでもプレイぽいことしたいです(?)

No title

一円たりとも落としたくないのであります。

あれ、ドーピングアイテムなんかあったんですか・・・
ハック&スラッシュ自体が定義が曖昧なジャンルですよね。「敵倒して稼いで強くなる」ゲームのことを指しているような気もしますが、起源を調べるとよくわからなくなってきたり。

なんにせよおそらく僕は作らないであろうジャンルだが・・・


とんでもプレイてなんですか(どきどき)
Index

ブログ趣旨
メンバー紹介
制作ゲーム紹介
RGSS2講座

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR